センター長 あいさつ

安藤 昌彦

名古屋大学医学部附属病院
先端医療開発部
データセンター

センター長  安藤 昌彦

2018年8月、先端医療開発部において新たに設立されたデータセンターは、名大病院が国際水準の臨床試験を実施するにあたり、データの品質管理プロセスを通じて臨床試験の科学性、信頼性を確保する役割を担っています。また、臨床研究中核病院並びに橋渡し研究支援拠点(革新的医療技術創出拠点)の臨床研究拠点として、外部施設の研究者による質の高い臨床試験に対する包括的な支援も手掛けています。医師主導治験に加えて、臨床研究法による特定臨床研究が行われるようになり、研究者の熱意だけでは高い品質の臨床試験を行うことができない時代において、科学的に意義のある臨床試験の結果を研究者が継続的に発信できるよう、努めてまいります。

データセンターの概要

データセンターは、研究者から独立した客観的な立場で、データ品質管理を通じて臨床試験の科学性や信頼性を確保することを目的に設立された2部門4室からなる組織です。モニタリング、データマネジメント、統計解析の機能を受け持つ専任の教職員を擁しており、臨床試験の立案計画への関与をはじめ、GCP・ER/ES指針に対応するEDCシステムの構築運用、モニタリングの実施や教育、統計解析の実施や報告書作成など様々な活動を行っています。

データサイエンス部門

Mission:データサイエンスの観点から医学研究を支援し、医療の進歩を加速させます。

統計解析室

Mission:生物統計学・バイオインフォマティクスを駆使して、中部地区で実施される医学研究の質の向上に貢献します。

クリニカルデータ品質管理部門

Mission:モニタリング、データマネジメントを通じて、質の高い臨床研究が実施できるようデータ品質を管理します。

クリニカルデータ品質管理室

モニタリング担当
Mission:アカデミアにおいて、法令・通知、実施計画書等に基づいた信頼性の高い臨床試験の実施を推進し、被験者の人権保護・安全性保持・福祉の向上、および臨床試験成績の信頼性に寄与します。

クリニカルネットワーク管理室

システム担当
Mission:症例集積レジストリを用いた被験者リクルートにより医師主導治験・臨床試験の登録を推進し、中部地区内外の臨床ネットワーク連携を支援します。

クリニカルデータマネジメント室

データ管理担当
Mission:科学的、合理的、倫理的な臨床研究を適切にデザインし、研究の信頼性保証に向けて、客観的かつ専門的な立場から研究者を支援します。

- English Site -
 
Copyright 2020 Department of Advanced Medicine. Nagoya University Hospital. All rights reserved.

ユーザー情報を使用してログイン

情報を忘れましたか?